COMMON'S TALK
模型にミリタリーにお酒に駄洒落・・・ 酔粋亭睡帥なCOMMONの日々雑談・・・ 人生は、二度おいしい!
200505<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200507
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
北京秘密射撃訓練始末記~男は銃を取れ!(その4)
さて前回は、パンフネタで寄り道をしてしまったが、自動小銃と拳銃も選び終えたので、いよいよ実射である。美人の彼女が射場へと連れて行ってくれる。気分は戦場へ向かう兵士そのものである。

決して!彼女の素敵なヒップなどしげしげと眺めていた訳ではない。故郷の恋人よ、また会えるのだろうか・・・友よ父母よ、懐かしき故郷の山河よ!ああ不肖COMMONは明日をも知れぬ戦場へ向かうのであった・・。
(あの子が振っていたあ~マッかなあ~スカあふう~・・ )

はっ・・と我に返ると(アホ)射場に着いていた。射場はソファーが置いてある待機エリアと射撃用の台と椅子がある射撃ブースとにガラスのサッシで分かれている、なんてことは無いガラスのサッシだな、などと考えていたら、グアーン・・といきなりキタのである。

こっ・・これは・・・ド迫力である。

半ば室内なので共鳴して大変な迫力である・・
続けてグアーン、グアーン・・その度に体が勝手にビクッ!ビクッ!(笑)
・・こ・・こんなはずでは・・

富士の演習場や練馬第一師団、百里基地のVADS(Valcan Air Defense Systems)等々、大小数々の射撃音を間近で聞いていた小生があろうことかびびってしまったのである・・。

肩から足先まで力が抜けてゆく・・ふうううう・・っと、立っているのもやっとである・・が・・ここで腰が引けては美人の前で男が廃る!
成田空港よりはるばるぼーいんぐ767型機で勇躍4時間、男を挙げに来たのではないかッツ!ヤオヨロズの神よ!ショウリョウバッタの神よ!ペキンダッグの神よ!・・・ヤオロズノカミは万物に宿るのである、昨夜食べたペキンダッグの美味だったこと・・。

八百万の神と書くと「八百屋の神」のように思える・・とふっと雑念が湧いたが・・

うおおおおお!我にフォースを賜らんことを!
よし!!秘伝の言葉だ!ファイトー!いっぱあーつ!
見よ!みるみる体にフォースが満ちてくるではないか!

小生は気を取り直して、美人の案内に従い射撃ブースへ粛々と向かうのであった

最初の銃は56式突撃銃、旧ソ連名AK47である。関連情報をYahooで検索すれば全部読むのに一生かかっても無理な超有名銃である。

美人の彼女の説明によると56式が一番反動が激しく、H&K33、95式はそれ程でもないとのことらしい・・・(間に通訳が入っているので仕方ない・・次回までには中国語ペエラペエラになってやるう!)
射撃ブースはパーティーションで隣と隔てられ木製の机(!)と折りたたみの椅子(!)がある極めてビジネスライクな造り(笑)である。
射撃ブースに入ると赤いTシャツの男性職員により最初の銃56式が運ばれてきた・・。銃口の後ろになにやら金属製のアダプタがついており、これを机に取り付けられた四角いバイプに差込み、余計な動きを封じるのである。

小生実弾射撃は初めてである、多分血圧計で図ればレッドゾーン状態では無かったかと思うぐらい血圧が上がり・・・

フンッ!、フンッ!フンッ!てな感じである。

まてまて、射撃には冷静さが不可欠である・・ゴルゴ13のように心を落ち着かせるため、再度呪文を唱える・・羊が一匹、羊が二匹・・・てなことをやっていると赤Tシャツが銃をセットし終えて、早く来いと呼んでいる。おっといけねえ出遅れちまった。

折りたたみ椅子に座り、イヤープロテクタを装着してまず右手をトリガークリップへ、そして左手は・・?、椅子に座っている上に、銃口が半ば固定されているので、映画のように左手でフォアグリップを握るのが苦しい、そうこうしているうちに赤シャツがマガジン(弾倉)の付け根付近を握れと指差す、小生の美学には合わないが、今日はこの辺でカンベンしてやろう。
ターゲットは50mほど先、照準を真ん中にあわせ、トリガーを引き絞る・・あれれ・・と思っているうちにいきなり、ズバン!という音とともに強烈な衝撃が肩に・・

ついに初めてのイッパツを放ったのであった・・。(画像はAK47突撃銃(中国名56式ライフル))

再度の出張より帰国してヘロヘロなので今日はここまで!

type56aks.jpg




ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
北京秘密射撃訓練始末記~男は銃を取れ!(その3)
さて拳銃選びも終わって、ふと見るとパンフレットがおいてあったので1部もらって来たので、画像を公開することにする。

「Welcome shooting lovers of all nations」と書いてあるが「世界中の恋人たちを撃ってしまうの歓迎アルヨ!」とでも訳すのであろうか?(バカ!)。
流石人民解放軍のサイドビジネス、射撃場の建物の前で2人の兵士がビシッっと敬礼しているのが(反射して見にくいが)

「権威」を感じるようで・・ナニヤラ・・である。


200506240747s.jpg

表紙の「B」と「F」を組み合わせた拳銃を模ったマークの垢抜けなさも笑える。
(画像をクリックすると拡大します。)

腹が減ったので今日はここまで!



ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
北京秘密射撃訓練始末記~男は銃を取れ!(その2)
次に拳銃を選ぶことになったのだが、美人の彼女は「コルトガバーメント」を薦めたのである.

「世界一、タマのでっけえー拳銃」という表現であったらしい・・

女性はやはり「でっけえ」のがお好きなのかもしれない。コルトガバーメントといえば第二次大戦以降軍用拳銃の代表として東の「トカレフ」と共に名声を二分してきた傑作拳銃である。
小生も小学生の頃、当事まだ規制されていない銃口空き、黒塗りのモデルガンを所有していた(なぜこんな回りくどい表現になるのかは機会を改めて書くこととしたい。)。

食指が動かないはずは無い・・が、まてよモデルガン、プラモデル、「ワイルド7」で鍛えられたヲタク脳は警報を発している・・なぜだ・・そうだ・・・「ワイルド7~緑の墓 中編」によれば、

「古い銃は暴発する」のである。

よって不肖COMMONは製造より数十年は経過している可能性のあるコルトガバメントを避け、人民解放軍最新型92式拳銃を選択し、こうして無事帰国してブログを書いているのである。今頃きっと無知なガンマニアがその姿、名声におぼれて暴発事故を起こしているに違い無い。

疲れているので今日はここまで!




ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
北京秘密射撃訓練始末記~男は銃を取れ!
今回の秘密訓練場所は北京の中心から車で1時間ほどのところ。なあんも無いど田舎だが、途中突然、キンキラキンのローマ時代のシャリオの像や後ろ立ちした馬の像がのっている純白の塀が延々と続く施設の前を通った。

「競馬場?」と聞くと「リゾート施設」と答えが返ってきた。

塀は2キロ近く続いていたようだ、ところどころギリシャ風の門があり、その上にはキンキラキンのシャリオの像がおいてあった。
道路が狭くなって、万屋(よろずや)らしき商店や人力洗車場・・(ひとりが水をバンバンかけると、数人が寄って集ってスポンジでボディシャンプーで洗うのである、中国では良く見かける、洗車機などというものは観なかった。人民解放軍を始め、中国は人海戦術の国なのである)・・がある集落をすぎると、道の両側に軍の施設と思われるものが続くようになった。

その突き当たりに「・・・国際射撃場」があるのだが、これは解放軍の武器を研究・開発している研究所の敷地内にあった。
まず、正面入り口の詰め所前で、ここで入門手続きをするのだが、兵士が台の上で直立不動で立っている。暑いので黄色と赤の塗り分けの、そう海水浴場でアイスを売っているのとおんなじビーチパラソルで日射を遮っている。
まじめくさった兵士とビーチパラソルの組み合わせがなんとも笑える。ビシッとスーツを着ているのにズボンのチャックを開けたままの田村正和に例えると大げさ・・だろうな。

敷地内に入るとアパート風の建物や遊具のある公園があり、おばちゃんやおねえちゃんがウロウロしている。何度か角を曲がると、ちょうどこじんまりした博物館のような建物の前で車は止まった。建物の前に4輪の台車に乗った古臭い対空砲がおいてあった。よくベトナム戦争の記録映画でアメリカ軍の戦闘機を狙い撃ちしているアレである。
車を降りると紺のスーツを着たスリムな美人が待っていて中に案内してくれた。
おー恋の予感!

彼女が銃器が展示されている部屋に案内してくれ、それらの解説を始める、オリンピック向けの競技用ライフル、ピストルから説明が始まったのだが、小生はどうせ中国語が判らないし、銃器の知識については幼少のころよりモデルガンとタミヤのミリタリーミチュニアシリーズで鍛えた知識があるので、もっぱら自分でジロジロ品定めをしていた。

同行の人が説明を翻訳してくれるのだが、フンフンと頷きながらも目線はあれはコルトガバーメント、あれはベレッタのたしか・・米軍呼称M92、これはモーゼルミリタリー・・
といった具合で横目で品定めである。
しかし美人が一生懸命説明してくれているのであまり冷たくすると恋の行方が怪しくなるので、さっぱりわからないのだが愛想よく相槌を返していた。

するとどうやら説明が終了したようで、美人がどの銃を撃ちたいかオーダを聞き始めたようである。彼女の手元にはちょうどファミレスのウエイトレスさんが書くオーダ伝票のようなものがあり、ボールペンでオーダ記入のスタンバイをしている。間に通訳してくれる人がいるので正確にはわからないが、コルトガバメントは口径の最も大きい銃だとかなんとか追加説明してくれている。
更に、しきりに車輪のついた重機関銃を指して、「あれがお勧め」と言っているようである。

しかし小生はその放熱フィンが沢山ついて、馬車の車輪を小さくしたような車輪がついている、明らかに1930年代以前の重機関銃は気に食わなかった。小生の美学に合わないのである。小生の感覚からすると、美しい機関銃というのはドイツのMG34、42であり、米軍や自衛隊で広範囲に使用されているブローニング系はいかに信頼性、威力が優れていても美しいとは思えないのである。
ましてかような旧ソ連製の厳つい機関銃は頂けぬ、たとえ彼女との恋を犠牲にしてもこの一線は譲れぬ・・・

彼女の推薦を袖にして、小生は小銃のコーナーに向かった。これで束の間の恋は終わりを告げたのである。
許せ!名も知らぬ中国の美人エージェントよ!

小生は気を取り直して今回の武器を選択し始めた、小生の頭の中は恋の痛手を物ともせず
コンピュータの世界でもっともマシンのリソースを必要とする地球全体の気象シミュレーション(要するに天気予報ですな)を処理するスパコン(古)ごとく回転し始めたのである。展示コーナーにはM16を始めとする世界の小銃がところ狭しと並んでいる、時間と予算が許せば全ての銃を試したいのだが、忙しいこの身には左様な贅沢は許されないのである。

まず選択したのはAK47、中国名56式突撃銃である。折角中国まで来て、ホノルルやグアムでホイホイ撃てるM16などは選びたくない、旧共産圏のベストセラー小銃、最近はテロリストの愛銃として、世界のビンボー国の戦争には欠かせぬAK47を選ぶしかない・・と判断したのである。

せめて彼女に日本語が通じれば「AKでえ~けえ~?」とハイパーギャグを飛ばし、今も変わらぬ愛を伝えたいところであったが、ああ彼女とは日中という言葉の壁で隔てられた、所詮は熱い思いが伝えることのできぬ運命であったのだ。

そして次は突撃銃の本家、本舗、元祖、AK47の設計に多大な影響を及ぼしたシュツルムゲーベル、突撃銃MG44の血を受け継ぐドイツの名銃へっけらー・あんど・こっほ(H&K)33を、そして中国人民解放軍の最新小銃!その価格の高さからか香港駐留の部隊等配備が限られている95式小銃を選択したのであった。

さて今日はここまで!







ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
手を作る
手を作る(改造する)ならこんな感じ?某フィギュアメーカさんのノウハウのパクリ、本当にできるかな?

20050608033521s.jpg




ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
粗探し
なんか厚手のゴム手袋はめてるみたいだなあ。モーターのコイル線使って「手」作ろうかな~、不自然な握り方だしい・・。泥沼の悪寒・・。デジカメって罪だよね・・ディスプレイに表示すると見えなくていいところまで拡大されて見えちゃうし・・ああ~。

20050608030915s.jpg




ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
キリ番プレゼント(リベンジ)
いよいよキリ番が近づいてきました。2000番申告、早いもの勝ちですよお~
。プレゼントは写真のF4ではなくキーホルダーのF4です。

20050606080819s.jpg




ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
ソロ
この画像のサックスを始めトランペット、クラリネット等のソロ演奏もありました。それぞれとてもカッコ良かったです。今まで東部方面音楽隊の演奏は何度か聞いたことがあるのですが、今回間近で聞いたので、ファン度が大幅アップしました。がんばれ東部方面音楽隊!!!

saxs.jpg




ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
東部方面音楽隊
東部方面音楽隊の隊舎内でミニコンサートを聞かせてもらいました。観閲式等における「軍楽隊」の演奏とは違い、楽しませるところに全エネルギーが注がれています。画像は女性自衛官が「キューティー・ハニー」を歌っているところです。少し恥ずかしそうでしたが、なかなかのレベルです。芸達者なんてものでは無く、本当に聴衆を楽しませてくれるプロの音楽家ですね。男性隊員の「ガッチャマン」「銀河鉄道999」もすばらしいものでした。一方で自衛隊員なので小銃を持って訓練もします。隊のHPがあります。アットホームさを兼ね備えた素敵な人達の「隊」です。
http://www.eaband.com/
こちらの「その他、野外訓練1,2、市街戦闘」を見てください。音楽演奏とのギャップが驚きです。

QHs.jpg




ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
迫撃砲
長距離走のそばで迫撃砲の操作訓練をしていました。手前の青い帽子の女性は「助教」と呼ばれる新入隊員の教育担当の方です。
20050604184128.jpg




ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
ハッスル!ハッスル!
今年入隊の女性自衛官の体力検定を見学しました。3キロの長距離走です。走り幅跳びやさまざまな科目をこなした最後の科目ですが、スタート前の「ハッスル!、ハッスル!」で士気高揚であります。小生は多分3キロは走れんでしょう・・。女子高の体育のようで楽しげですが、この後みんな倒れこむようにゴールしていました。ご苦労さん!女性とはいえ新人訓練の後期には富士の演習場で小銃含め20キロの装備を背負って25キロの行進をするそうです。
20050604183307s.jpg




ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
女性自衛官
最近は「婦人自衛官」とは呼ばず「女性自衛官」と呼ぶそうです。朝霞駐屯地にある「女性自衛官教育隊」を見学しました。
20050604182123s.jpg




ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。