COMMON'S TALK
模型にミリタリーにお酒に駄洒落・・・ 酔粋亭睡帥なCOMMONの日々雑談・・・ 人生は、二度おいしい!
200511<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200601
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
時計
時計が付きました。感謝:情報幕僚殿



ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
も・・モデラー的(?)今年の十大ニュース・・・ええっ!?
てなわけで、年も押し詰まってcutnipperさんよりバトンが回ってきたので、トライしますが、模型だけではきつそうなので「モデラー的」を最大限拡大解釈してお送りします。

さてええ!第1位はじゃああああん、カタカタカタカタ・・・(「歌のベストテン」を思い出してください)

第1位:北京で実弾射撃を体験(詳しくは当ブログの「北京射撃体験記」参照)
 のっけから模型外しで申し訳ありませんが、なんと言ってもモデラーですのでこんな事に興味を持ったのでカンベン願います・・・コンパニオンの彼女、元気かなあ?

さて、第2位は・・・以下同じなので略

第2位:sdkfz222完成
 こんなものに1年かけちゃって、エッチングパーツ等それなりに手とお金かけました。タミヤのHPに掲載してもらいました。ついでに素組でもう一両作りました、これは未塗装です。いずれ・・・。寡作の私なんで一つ作るの大騒ぎなんです。

第3位:ダッジウエポンキャリア製作(中)
 ブログに延々記載している通りですが、最近はトラックつくってんのか、フィギュアつくってんのか判らなくなっています。エンジンルーム、エンジングリルを作りこみました。(仕上がりはイマイチだし、バッテリー周りのディーテルが良くわからないという不満はありますが)。フィギュアはアーマーモデリング等で紹介されている手法を真似てます。初めてでアラは多いものの、それなりに楽しんでます。ともかくWebのおかげで実車や兵士の服装の資料が見つかるいい時代になりました。ピーター・ドラッガーのいう「知識社会」の到来です(何イ、それ?)しかし、そろそろケリを着けたいです。

第4位:ブログ開設
 ごぞんじ幕僚のおかげで絵日記風に楽しんでいます。コメント頂くのが楽しみです。
モリナガ・ヨウさんに書き込みも頂きました。

第5位:練馬駐屯地で82式指揮通信車に体験試乗
 長女と2人で乗りました。本当はハッチから上半身出したかったのですが、後方の車室でした、高機動車にも乗りました、オートマでなかなかいい加速してました。長男、次男は1時間以上列に並んで74式戦車の後部に体験試乗してました。あ、その勢いでピットロードの1/35の82式買っちゃいました。

第6位:秘密作戦番外編 原潜を奪取せよ!-エピソードは向こうからやって来た-
 まあワロテやってください。http://common.blog5.fc2.com/blog-category-16.html

第7位:「キューピーと戦車」のスギウラさんとメル友になる(たまにですが)。
 娘のお気に入りです、欲しいなキュ-ピー・ロンメル。

第8位:タミヤモデラーズギャラリーに家族全員で行く。
 模型嫌いの嫁さんが珍しく同行、他に目的があったので・・。

第9位:朝霞でUH-1体験搭乗・・できず(泣)
 同行した雨女のせいじゃ(怒)、まあ代わりに行われた東部方面隊音楽隊のミニコンサートや女性自衛官教育隊見学もなかなかヨカッタので良しとしよう。

第10位:海自横須賀のサマーフェスティバルに家族で出かける。
 護衛艦「さわゆき」の体験航海に家族全員で参加、軍事嫌いの嫁さんもそれなりに感銘を受けていた。

以上でございます。バトン回さなきゃいけないのだけど、クラブに入ってもいない「孤高のモデラー」(プッ)なので困ったな、次はスギウラさんにお願いしたいなあ、でもお忙しいようだし・・
とりあえず良いお年を~。



ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
痛え
帰国した。仕事以外なんにも無い出張であった・・・おっとディナーで食べた足長エビに蟹の肉を詰めたものは絶品だった意外は・・。
とんぼ返りなので時差ボケになる暇も無かった。少し昼寝しただけで工作に取り掛かった。負傷兵・・落下傘降下で着地の際、足を折って、さらに頭も負傷という設定。

200512231750000.jpg


これで衛生兵との絡みもOKである。
が・・・・魚屋の大将のよう・・頭の包帯の厚みがありすぎか。

負傷兵を輸送中のウエポンキャリアが徒歩で部隊に合流しようとしている空挺部隊の兵士に出会い、便乗させる・・・ストーリーだけはこれでOK!。

200512231854000.jpg




ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
さぶい話
第二次世界大戦では枢軸国、連合国双方で空挺部隊が活躍したことが有名である。我が日本でも陸海軍の落下傘部隊がその新奇性もあってパレンバン製油所への降下・制圧等のエピソードで戦争初期に広く喧伝された。小生が泥酔して半ば朦朧として歌う「空の神兵」はこの陸軍落下傘部隊の活躍を賛美したものである。しかし、空挺部隊は第二次世界大戦中はその実戦投入にも関わらず、その用兵、装備は研究半ばのところがあったらしい。前者については落下傘降下というものは「風まかせ、神頼み」であるため不測の事態が発生し易いのである。D-dayにおいても対空砲火や夜間の位置誤認で部隊が散り散りバラバラになったのは有名である。現代では「ブラックホーク・ダウン」や「地獄の黙示録」の設定にもあるようにヘリ降下が主流となっているようである。さて後者の装備であるが、自衛隊や現代の軍隊ではパラセールを使って半径数メートル以内に降下する精密降下も可能となっているが(観閲式でこれを初めて見たときは大変驚いた・・・それも数名の隊員が均等の間隔で見事に着地するのである。)、第二次大戦中は基本的な装備品も開発途中であったらしく、画像のような試みもなされたようである。
Protochute.jpg

ハロウインの余興では無い、まじめに開発を試みた「蝙蝠型パラシュート」である。試験の最中に2名の犠牲者を出して、開発は中断された。
考えただけで「さぶい話」である。

黙祷

出典はこちら
http://101airborneww2.com/equipment4.html

で・・・アホな落下傘を使わずに無事に降下できた隊員はこんな状態。
(あ・・本題です。)、服の皺を作りこんだりしているが、なかなか自然な皺を掘り込むのはムツカシイ。

20051218092808.jpg


20051218092928.jpg


年末のただでさえ忙しい時にブログや模型に時間を割くのは妻の視線が厳しい。
明日から22日までワシントンに出張。ネタが拾えたら書きます。



ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
進まねえ
本日は曇りがちで東京は寒い。ここしばらく作業は遅遅として進まず、サフ吹きをして目立ったアラを溶きパテで修正したりしている。座った姿勢で左手を差し出しているのが衛生兵という設定なのだが、負傷兵が隣にいると自然な感じがするかなと思う、それも手を負傷しているくらいの軽いやつで。細々修正している上に更にそんなものを作っていたら何時完成するのであろうか。
20051211165547.jpg


夜中にフィギュアの参考ということで101空挺師団の画像を捜していたらこんなのがあった。

BoB09.jpg



BoB11.jpg


バンドオブブラザーズのE中隊(イージーカンパニー)の所属する506落下傘連隊のパッチはこれ


506_patch_130.jpg


模型の参考にはならんなあ、1/6フィギュアの画像の方が作者の人がしっかり考証しているし、カラーだし参考になるな・・。

とはいえBOBが好きなら一度はこのHP見るべし。
http://www.ww2-airborne.us/units/506/506_trp.html



ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
G・I・JOE回顧録
寒くなって来た。寒い寒い、忙しい忙しいといいつつなぜかウキウキするのがこの季節、子供の頃からのクリスマスとお正月に関する刷り込みのセイであろうか、クリスマスプレゼント、お年玉、とっくに毟られる立場なのであるが。
特に「ミリヲタ」な小生にとっては気温が低くなってくるとお年玉で買ったJOE様を思い出すようになるのである。特に新しい話題があるわけでは無いが季節がら(笑)過去自分のホームページに書いた情報を再構成してみた。
当時ハズブロのJOE様は「こち亀」でも有名なように超高級玩具であり、一部のお坊ちゃまを除けば十分な「装備品」を揃えるのは不可能に近かったのである。ビンボー家庭の小生がお年玉を貯めて、1500円の購入資金を手にしたときは、JOE様ブームも末期であり、本来欲しかった「Combat!」に出てくるような戦闘服の兵士は既に店に無く、「海兵隊パレードドレス」のJOE様を入手したのであるが、これが固めの制帽でヘッドには被せることができず、本来の出で立ちすら満足できない。
これが海兵隊パレードドレス・・今見るとそれなりなんだけど、戦闘服じゃ無いし・・サンダース軍曹にヤられちゃった小僧には不満タラタラであった。
20051204190932.jpg


悔しいので更に祖母に無理を頼んで、コンバットジャケットとヘルメットのセットを購入したのである。しかしズボンは付いておらず、結局パレード用の紺に赤いストライプが入っているズボンとの組み合わせで子供心にもオマヌケな出で立ちに歯がゆかったものである。この体験はトラウマ化し、
大人になってもG・I・JOEの装備品を大量に売っている店を見つけ、財布の千円札を数えて(万札でないのが悲しい・・。)購入すると、目が覚めるという「悪夢」を何度も見たのである。
ちなみに試験勉強をしていないで、試験日になってしまうという「悪夢」も社会人になってから何度か見たのだが、会社の部下も酒を飲んだときに同じような夢を見るようなことを言っていたので、世の中には小生のような小心者は沢山いるようである。
話しを元に戻して(ドッコラショ!)
後年自衛隊の駐屯地で似たような出で立ちを見たときには、少年時代のトラウマが蘇ってきたものである。

こんな感じである。
manuke.jpg


ちなみにこの格好は隊内では「ジャー戦」と呼ぶそうである。

出典はこちら
<http://mokei-albion.net/jieitaiyougo.html#einai
ん・・ちょっと違うかな?まあいい。

その後このトラウマのセイで10年ほど前から再燃したアクションフィギュアブームではいい年をこいて、ずいぶん散財をしてしまった。
しかし、その中でも「ややお宝」なのがこのスティーブ・マックイーンのフィギュア「Great Escape」である。A-1ジャケットは本革でできている。

GrateEscape.jpg


高級革ジャンのリアルマッコイ社の玩具部門(?)トイズマッコイの拘りの一品である・・ああ「大脱走マーチ」が聞こえる・・。

そして海兵隊パレード服のハズブロJOE様は近代化改修を終えて(笑)現役でいらっしゃるのである。最近は対テロ作戦に従事されている。自衛隊流にいうと「ゲリ・テロ」である。(なんかばっちい)
GOE1.jpg


しかし如何せん・・40年近くの激しい戦闘は彼のプラスチックのボディに疲労を与えているのである。プラスチックは含有される可塑剤(素材の柔軟性を確保する添加物)が徐々に揮発し、硬化して脆くなり、ひび割れが発生するのである。
特に指は銃などの装備品を持たされるため、破損し易くなっている。小生のJOE様は幼少のときに既に右人差し指を負傷され、数年前に取替え修理をしている。半年程前には左手が破損したのでこれも取り替えている。
joefine.jpg


tape.jpg


手を円滑に回転させるためにテフロンテープが必要である。水道の蛇口やパイプの水密用にホームセンター等で入手できる。

ボディにもひび割れが出てきているので、車用のプラスチック保護剤ででも保護しようかと考えている今日この頃である。

My JOE様には長生きをして頂きたいものである。

下記は愚問でしたな、所詮趣味の話しなのですが




ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。