COMMON'S TALK
模型にミリタリーにお酒に駄洒落・・・ 酔粋亭睡帥なCOMMONの日々雑談・・・ 人生は、二度おいしい!
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
北京秘密射撃訓練始末記~男は銃を取れ!(その4)
さて前回は、パンフネタで寄り道をしてしまったが、自動小銃と拳銃も選び終えたので、いよいよ実射である。美人の彼女が射場へと連れて行ってくれる。気分は戦場へ向かう兵士そのものである。

決して!彼女の素敵なヒップなどしげしげと眺めていた訳ではない。故郷の恋人よ、また会えるのだろうか・・・友よ父母よ、懐かしき故郷の山河よ!ああ不肖COMMONは明日をも知れぬ戦場へ向かうのであった・・。
(あの子が振っていたあ~マッかなあ~スカあふう~・・ )

はっ・・と我に返ると(アホ)射場に着いていた。射場はソファーが置いてある待機エリアと射撃用の台と椅子がある射撃ブースとにガラスのサッシで分かれている、なんてことは無いガラスのサッシだな、などと考えていたら、グアーン・・といきなりキタのである。

こっ・・これは・・・ド迫力である。

半ば室内なので共鳴して大変な迫力である・・
続けてグアーン、グアーン・・その度に体が勝手にビクッ!ビクッ!(笑)
・・こ・・こんなはずでは・・

富士の演習場や練馬第一師団、百里基地のVADS(Valcan Air Defense Systems)等々、大小数々の射撃音を間近で聞いていた小生があろうことかびびってしまったのである・・。

肩から足先まで力が抜けてゆく・・ふうううう・・っと、立っているのもやっとである・・が・・ここで腰が引けては美人の前で男が廃る!
成田空港よりはるばるぼーいんぐ767型機で勇躍4時間、男を挙げに来たのではないかッツ!ヤオヨロズの神よ!ショウリョウバッタの神よ!ペキンダッグの神よ!・・・ヤオロズノカミは万物に宿るのである、昨夜食べたペキンダッグの美味だったこと・・。

八百万の神と書くと「八百屋の神」のように思える・・とふっと雑念が湧いたが・・

うおおおおお!我にフォースを賜らんことを!
よし!!秘伝の言葉だ!ファイトー!いっぱあーつ!
見よ!みるみる体にフォースが満ちてくるではないか!

小生は気を取り直して、美人の案内に従い射撃ブースへ粛々と向かうのであった

最初の銃は56式突撃銃、旧ソ連名AK47である。関連情報をYahooで検索すれば全部読むのに一生かかっても無理な超有名銃である。

美人の彼女の説明によると56式が一番反動が激しく、H&K33、95式はそれ程でもないとのことらしい・・・(間に通訳が入っているので仕方ない・・次回までには中国語ペエラペエラになってやるう!)
射撃ブースはパーティーションで隣と隔てられ木製の机(!)と折りたたみの椅子(!)がある極めてビジネスライクな造り(笑)である。
射撃ブースに入ると赤いTシャツの男性職員により最初の銃56式が運ばれてきた・・。銃口の後ろになにやら金属製のアダプタがついており、これを机に取り付けられた四角いバイプに差込み、余計な動きを封じるのである。

小生実弾射撃は初めてである、多分血圧計で図ればレッドゾーン状態では無かったかと思うぐらい血圧が上がり・・・

フンッ!、フンッ!フンッ!てな感じである。

まてまて、射撃には冷静さが不可欠である・・ゴルゴ13のように心を落ち着かせるため、再度呪文を唱える・・羊が一匹、羊が二匹・・・てなことをやっていると赤Tシャツが銃をセットし終えて、早く来いと呼んでいる。おっといけねえ出遅れちまった。

折りたたみ椅子に座り、イヤープロテクタを装着してまず右手をトリガークリップへ、そして左手は・・?、椅子に座っている上に、銃口が半ば固定されているので、映画のように左手でフォアグリップを握るのが苦しい、そうこうしているうちに赤シャツがマガジン(弾倉)の付け根付近を握れと指差す、小生の美学には合わないが、今日はこの辺でカンベンしてやろう。
ターゲットは50mほど先、照準を真ん中にあわせ、トリガーを引き絞る・・あれれ・・と思っているうちにいきなり、ズバン!という音とともに強烈な衝撃が肩に・・

ついに初めてのイッパツを放ったのであった・・。(画像はAK47突撃銃(中国名56式ライフル))

再度の出張より帰国してヘロヘロなので今日はここまで!

type56aks.jpg

スポンサーサイト



ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
思い出しました。
自分もハンドガンは実銃を撃ったことありました^^;

グロッグだったと思います。いいハンドガンでした。
最初、ベレッタM92F(米軍ではM9)を選んだんですが、手にすると、やはりマガジンに15発入るのでグリップが太い。リコイルショックを考えると、日本人では180㎝以上身長がある人の指でないと完全にグリップできないなと思いました。
マ、それ以下の身長の人でも指の長い人はいるんですけど・・・
グリップするのは日本人には不向きな銃であると、そう感じました。

そして、ハンドガンを撃ったことがある人はわかりますが、想像以上にリコイルショックというか反動はあるわけで、ちゃんとグリップできていないと、目標に当てることはできないですよね。

SMGとかも撃てたんですけど、ショットガンにしました。
散弾なんで、まぁ当たるだろうと(笑)
SMGは、米国本土でも、今では買うの制限されてるんですよね?なので、いいチャンスとは思ったのですが、また今度と(笑)

でもSMG撃っている人は爽快でしたね。
あっというまに撃ち尽くして(笑)
おおう!これがトリガーハッピーかぁ、と。
三点バーストなんて訓練しんきゃできないですよ。
セレクターで三点バーストできる銃もありますけど。

まぁ、日本刀の国の生まれなんで、ドンパチよりも性根が必要な白兵戦だなと思いました(笑)

今度は負けないぞ、と(笑)
飛び道具以外の白兵戦なら蹴散らしてやる、と(笑)
2005/06/28(火) 02:23:37 | URL | ごぞんじ #6J9OhUjw[ 編集]
0号は銃を売ったこと(おぉっと)撃ったことないですが、富士総合火力演習にごぞんじ先生と行き、音の大きさにびびり、肩の靭帯を痛めました。びっくりすると、やたらに肩が上下します。
2005/07/12(火) 11:33:15 | URL | 0号 #-[ 編集]
あ、真剣で物を切ったことはあります。
2005/07/12(火) 11:34:34 | URL | 0号 #-[ 編集]
>あ、真剣で物を切ったことはあります。
あ、真剣で者を切ったことはあります。
ぶしゅっつ・・「どうああ・・・」
2005/07/12(火) 23:47:56 | URL | COMMON@鎖骨マニア #-[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。