FC2ブログ
COMMON'S TALK
模型にミリタリーにお酒に駄洒落・・・ 酔粋亭睡帥なCOMMONの日々雑談・・・ 人生は、二度おいしい!
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
北京秘密射撃訓練始末記~男は銃を取れ!(最終回)
延々6月から道草、コースアウト、逆走の限りを尽くした本シリーズも今回で最終回である。
がんばっていきまっしょい!
・・・・・・・小銃3丁の射撃も終え、次は拳銃である。(その2)で人民解放軍最新型92式拳銃を選択したことなど、本人も忘れかけた頃になって書いているのである。
92式拳銃は9mm口径と5.8mm口径がある。多分9mmは軍用の威力の強いものであろう。日本の警察官が使っている拳銃も9mm口径らしいが、銃身の長さ等から92式等の軍用銃には威力では敵わないであろう・・・などと余計なウンチクで例によって時間を食ってしまったが、いよいよ拳銃の射撃である。
拳銃の射撃は、以前この射撃場で客を装った自殺者(怖が出たらしく、それ以来馬鹿者防止のための工夫がなされている。細い鎖で拳銃が繋がれているのは当然として、射撃の際には透明アクリル板に空いた穴から両手を出し、赤Tシャツが拳銃を持たせてくれる寸法である。もちろん拳銃を握ったまま手を戻せないようなサイズにの穴になっている。丁度パチンコ屋の景品交換所の窓に空いた交換口に両手を突っ込む様を想像すれば良い。
景品交換口へ両手を突っ込む・・現金の代わりに92式拳銃が出てくる・・すこしマヌケな感じがするが、とりあえず拳銃を両手でホールドする・・、エアガンのベレッタでさんざん練習してあるので(アホ!)、さほどの感慨も無い。コンバットシューティングは両手で拳銃をホールドするのが常識であるが、一昔前までは警察の射撃スタイルはオリンピック競技のような、片手撃ちであった、さすがに最近は「や」の人や、素人までが軍用拳銃トカレフを持っている時代なので(オイオイ)、両手撃ちで訓練しているそうだ。そういえば中国製のトカレフは製品精度が良いので本家のトカレフより威力が大きいという話を聞いたことがある・・・あな恐ろし・・。
さて、またコースアウトしてしまったが・・・両手を前方に伸ばし、前方10mほど先の的を狙い、ゆっくりトリガーを引く。バム!という音がして初弾が放たれた・・2発、3発・・
あり!弾が出ない・・・ジャムってしまった(未発火の弾が内部で引っかかり、それ以上発砲できなくなってしまった)のである。
赤Tシャツが薬室に引っかかった弾丸を取り出し、再度マガジンを装てんし直して、バム!バム・・・と一気に残弾を撃ち尽したのである。
(昔の拳銃は装弾数がせいぜい9発くらいであったが、92式のような最近の銃は15発くらいが当たり前である・・、なかなか撃ち応えがある・・・)
標的が手元にやってきた・・愛しの彼女が標的を見て「GOOD!」と可憐な声で誉めてくれるではないか、そして標的の下に綺麗な字で拳銃の名称と口径、装弾数を書いてくれた・・・なかなかミスマッチな光景で感動もの(?)である。
そしてチェックを終えた、日本円にしてン千円位であった。なかなか満足であった。・・・・・
出口までくると愛しの彼女と同じ紺のスーツを着たダルマが歩いて・・ん!・・・他の客を案内している・・・・。わが身の幸運をブッダに、アッラーに、ヤヲヨロズのカミに、ゴータマシッタルーダに感謝したのであった・・。
そして、愛しの彼女が出口まで見送りに来てくれた。別れ際、俺は心の中で叫んだ!
へいカノジョオー、今度来るときには中国語ペラペラになってくるからヨオ~、メアド、メアド教えてよ~・・・
俺の・・束の間の青春は終わった・・・。

「燃え尽きた」ので今日はここまで!


qsz-92-9.jpg

92result

スポンサーサイト



ランキングに参加中。カテゴリは「模型」です。
人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。